【風俗】大衆型風俗と言えばやはりピンサロ

"抜きキャバでは飲食店であるキャバクラのような店舗となっておりり、女性は口で抜いてくれます。
ファッションヘルスと同じように個室はありませんので、他のお客さんや女性から簡単に見られてしまいます。
何歳になっても男というのは性欲があるもので、それを解消するために「風俗」を利用されることでしょう。
「風俗」というのはある意味で非現実的なことを体験することの出来る言わば男天国とも言えるのです。
抜きキャバの料金は時間帯によって、変わってくるシステムとなっています。
なのでもし昼間の時間帯でしたら5000円程度で抜くことが出来るのです。
ピンサロも抜きキャバと同じように飲食業として営業をしているのでシャワーを設置していないく、おしぼりで洗浄します。
主なサービスとして、キスや女性の身体へのタッチ、フェラチオ等などの比較的ソフトなサービスとなっています。"



【風俗】大衆型風俗と言えばやはりピンサロブログ:20年02月19日

引っ込み思案なお子さんだったおいらが、
小学5年生のときに、学芸会の劇の主役を演じることになった。
それはおいらにとって、大きな事件だった。

「絶対見に行くからね!」
いつも明るいお母さんが言った。
おいらが世界で一番喜ばせたい相手がこのお母さんであった。

当時、我が家は裕福とは言いかねる状況でしたが、
それでも親父とお母さんは一生懸命働いて、
おいらたち兄弟三人をどうにかこうにか育ててくれていた。

当日、おいらは熱演した。
ダンボールの帽子を被り、
思春期の入り口に差し掛かったお子さんには少々照れくさい
「泣く」という演技もこなした。

家に帰るなり、
お母さんが「すっごく良かった!あんたが一番上手だったよ!」と、
それはもう手放しで絶賛してくれた。

しかしそのよる、
年子のお兄さんの言葉によって、おいらは事実を知る。

「一番上手!」どころか、
お母さんはおいらの「熱演」を見てもいなかったのだ。

お兄さんは学芸会の運営委員で、
体育館の戸口を開閉する係をしており、
おいらの出番の時は、お兄さんもお母さんを待ち構えていたのだが…

「幕が開いても母さん来なかった。
お前の出番が終わって、幕が閉じてる最中にあわてて入ってきたんだよ」
お母さんの居ないところでお兄さんは言った。

おいらはがっかりした。
先生にでも級友にでもなく、お母さんに捧げた演技だったのに…

見てもらえなかったことは悲しかったが、
お母さんへの失望や怒りは沸いてこなかった。

ただ、
いつも物を入れすぎて
不格好になっている仕事用の鞄をブラ下げ、
息をきらしながら、
慌てて体育館に向かっているお母さんの姿が浮かんだ。

仕事をこなしながらも
きっと1日中おいらのことを考え、
精いっぱい調整して、それでも間に合わなかったのだ。

お母さんこそ、本当は泣きたかったに違いない。
「熱演」をしたのはお母さんの方だったのだ。

ホーム サイトマップ