【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ


【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ
"デリヘルでのプレイが終わったらうだうだしていても仕方がありません。
最後は女性とのプレイを思い出しつつ、軽くイチャイチャしながら別れを楽しむようにしましょう。
男なら一度は利用したことがあったり、また興味を持っている人が多い「風俗」。
「風俗」を利用することで、日頃の性欲を一発解消することが出来るので童貞君でも嬉しいサービスですね。
デリヘル嬢の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを考えていて、うっかりと忘れモノをしてしまうことがあります。
退室をする時には『何か忘れ物は無い?』などと一声かけてあげると良いでしょう。
プレイ後に貴方が『またお願いしたいな』と伝えることで、きっと女性も喜んでくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく『またね』が言えるような状況で別れましょう。"



【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむブログ:20年04月25日

一週間ほど前、言うことを聞かなくて
約束を守らなかった息子を怒ったんです。

僕はそれまで
一度も怒ったことがなかったんですね。

まだまだ小さな息子ですし、
できるだけ自由でいて欲しかったので、
ワガママを言おうが、人の話を聞いてなかろうが…

それを責めず、怒らず、許して、
息子のやりたいようにさせていたんです。

ところが、今回は、
言うことを聞かなくて約束を守らなかったことを、
あえて怒ったんです。

僕は怒ってあげることが
やさしさだと思ったのです。

もしここで僕が怒らなければ、
息子は将来もっと怒られてもっと痛い目に遭う。
だから、今怒った方がいい…
そう思ったんです。

実際に怒って、
息子がすごく怖がって
自分の世界に引きこもっているのを見ていると、
すごく嫌な気分になりました。

おそらく、
僕以上に息子は嫌な気分になって、
怖れと痛みで一杯だったでしょう。

それもわかっていた上でやったのですが、
自分がやったことに自信が持てなかった…

やっぱり僕ってやさしくないのかなぁと思いました。
ただを無駄に怖がらせて
無駄息子に傷つけてしまっただけではないかと
不安と迷いで一杯になりました。

少し落ち着いてからこの出来事を振り返ってみると、
「怒る」という表現方法は
ベストではなかったかもしれないけれど、
すごくヘタクソなやり方だけど、
あの時怒ったことは、僕のやさしさだと思います。

考えてみれば…
今まで見えなかったり気づかなかったりしたけど、

親や先生や学校の先輩や会社の上司などは、
そんなに嫌な気分になってまで、
嫌われ役や憎まれ役を買ってまで、
それだけ大きなやさしさを僕に与えてくれてたんですよね。
【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

★メニュー

【風俗】相手をしてくれている女の子には親切に
【風俗】刺激を更に求めているならこの風俗
【風俗】女の子に攻められるのも悪くない
【風俗】大衆型風俗と言えばやはりピンサロ
【風俗】こんなプレイも風俗なら全然可能
【風俗】性的サービスのあるエステやマッサージ
【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ
【風俗】利用をしてはいけないデリヘル業者
【風俗】デリヘルを選ぶ時にメールでチェック
【風俗】優良風俗業者を見極めるポイント


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)飲み会の後は風俗へ行こう!