【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ


【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ
"デリヘルでのプレイが終わったらうだうだしていても仕方がありません。
最後は女性とのプレイを思い出しつつ、軽くイチャイチャしながら別れを楽しむようにしましょう。
男なら一度は利用したことがあったり、また興味を持っている人が多い「風俗」。
「風俗」を利用することで、日頃の性欲を一発解消することが出来るので童貞君でも嬉しいサービスですね。
デリヘル嬢の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを考えていて、うっかりと忘れモノをしてしまうことがあります。
退室をする時には『何か忘れ物は無い?』などと一声かけてあげると良いでしょう。
プレイ後に貴方が『またお願いしたいな』と伝えることで、きっと女性も喜んでくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく『またね』が言えるような状況で別れましょう。"



【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむブログ:20年02月03日

ぼくのお母さんは
昭和23年生まれですが、
使っていた携帯電話を機種変更したことをきっかけに、
メールを覚えると言い出しました。

ぼく以上に機械オンチのお母さんですから、
メールを覚えるまでにはしばらく
時間がかかるだろうと思っていました。

新しくアドレスを作ったのであろう次の日には、
「メールをありがとう」
という短いメッセージが届きました。
お母さんにとっては、この9文字も一生懸命打ったのだろうと感じたのです。

そして…
次の日、デコレーションメールでなにやら花火の画像が送られてきました。
その次の日、自分で撮ったであろう桜の木の写真を添付してきました。

ぼくの心配とは裏腹に、
たったみっか間ほどのうちに、完全にマスターしたようです
その後も日々の様子を送ってくるようになりました。

ぼくがお母さんと一緒に暮したのは、14歳までです。
両親が離婚したために、
ぼくは父親とその後再婚した継母との生活になり
お母さんとは疎遠な時期もありましたから、
少し距離のある母娘関係だったように思います。

お母さんの送ってくる写真は、
故郷のお城や公園の風景だったりするのですが、
「昔、あなたとお弁当を持って出かけた公園です、覚えていますか?」
そんな言葉が添えられるようになりました。

お母さんなりに昔の記憶を辿って
懐かしくなったのかと思っていたのですが、

そんなメールが多く送られてくるにつれ、
お母さんは息子との思い出と共に
いつも生活してきたのかもしれない…と、
ふと思ったのです。

一緒に過ごせなくなった後、
そんな風に息子を思い出して暮らしていたであろう
お母さんの姿が見えた気がしました。

【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

★メニュー

【風俗】相手をしてくれている女の子には親切に
【風俗】刺激を更に求めているならこの風俗
【風俗】女の子に攻められるのも悪くない
【風俗】大衆型風俗と言えばやはりピンサロ
【風俗】こんなプレイも風俗なら全然可能
【風俗】性的サービスのあるエステやマッサージ
【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ
【風俗】利用をしてはいけないデリヘル業者
【風俗】デリヘルを選ぶ時にメールでチェック
【風俗】優良風俗業者を見極めるポイント


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)飲み会の後は風俗へ行こう!