【風俗】利用をしてはいけないデリヘル業者

"デリヘルの受付は基本的に電話ですから声や喋り方でスタッフの対応の良し悪しを見極めることが出来ます。
全くやる気のない不誠実な喋り方だった場合におきましては、そのお店の利用はなるべく避けた方が良いでしょう。
「風俗」を一度も利用したことが無い男は、騙されたと思って利用してみてください。
店舗型「風俗」でも、デリヘルでも最高の気持ち良さを体験することが出来るでしょう。
どうしても仕方の無いことですが、デリヘルの到達時間が遅れそうな際に連絡の一つも無いようなお店は次回の利用は避けるべきです。
どのようなビジネスでも同じことなのですが、お客様を第一に考えてくれる業者を利用しましょう。
デリヘル業者選びは親切丁寧に問い合わせに対応をしてくれるお店を選ぶことが大切なこととなります。
またデリヘルは基本的に車で女性を送り迎えしているので、交通渋滞などで予定時間より遅れてしまう場合に遅延をすることを伝えてくれるような親切な業者がベストと言えます。"



【風俗】利用をしてはいけないデリヘル業者ブログ:20年05月19日

(´Å`)ノ【☆゚+.おはよう゚+.☆ 】

わたしたちにとって理想的な呼吸は
「赤ちゃんの呼吸」だといわれています。

赤ちゃんをよく見ていると、
ウエストを上下に波打つように動かし、
ゆったりと深い「腹式呼吸」をしていることがわかります。

日本人って
元来、腹式呼吸をしていたと考えられているんですよね。

田畑を耕したり、重い御輿を担いだりといった動きは、
ウエストの底まで息を吸い、
ぐっと止めて吐くという呼吸でなければこなせません。

また、武道や舞などのコシがすわった姿勢も、
腹式呼吸ならではのものといわれます。

ところが、
わたしたち現代人は
日々胸の上部だけ使った浅い呼吸(胸式呼吸)をしがちな上、
ストレスなどによって呼吸がさらに浅くなりやすいことから、
慢性的な酸素不足が指摘されています。

その酸素不足を解消してくれるのが腹式呼吸なんです。

横隔膜を下に押し下げることで胸郭を広げ、
日々あまり使われていない
肺の下部にまで空気を送り込みます。

酸素が身体の隅々にまで行き渡るので血行がよくなり、
筋肉の緊張がほぐれて気分が落ち着きます。

また、
横隔膜が動くことで腹部の内臓が刺激され、
活発に働くようにもなります。

わたしたちの24時間の呼吸回数はおよそ20,000〜25,000回。
80歳まで生きると、
6億〜7億回という気が遠くなるほどの呼吸を
繰り返していることになります。

この1回ごとの呼吸を「赤ちゃんの呼吸」、
すなわち腹式呼吸にできれば、
知らず知らずのうちに身体の機能も活発になりそうですね!

ただし、無理は禁物。
息苦しさやめまいを感じるほどではなく、
やっていて心地よい範囲で試してみましょう。

ウエストいっぱいに酸素を取り込んで、
健康的な日々を送りましょう!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ